外国人起業としての古物商

外国人起業としての古物商

仙台に引っ越してきてから、早ものでもう一ヶ月が経ちました。私の住んでいる家の近くは、仙台の有名なアーケード街があるので、買い物には不自由しません。

ただ、旦那が会社帰りに色々と買い物をしてあちこち寄り道したいという事で自転車が欲しいと話していたんですよね。しかも嬉しい事に中古の自転車屋さんが近所にあるので覘いてみました。この中古の自転車屋さんは、中東系の外国人のかたが起業して経営しているらしく、いつも若い外国人の方が満面の笑みで接客しています。

中古とは思えない程の綺麗な自転車が沢山ありました。色々迷いましたが、意外にも旦那が選んだ自転車は赤というかエンジ色の自転車でした。籠もかなり大きめなので帰りに美味しいお弁当等を持ち帰るには最適なサイズでした。

旦那は自宅から会社まで徒歩で30分近くかけて通勤しているので、自転車があれば大分通勤が楽になると言っていたのでやっぱり自転車があって良かったんだと思います。この中東系の外国人経営者はかなりやり手らしく、中古自転車だけでなく、中古車の輸出ビジネスもしているそうです。そちらのほうが売上げも大きいし本業かもですね。以上、「外国人・起業」でした。



タグ :

関連記事

  1. 興行ビザのモデルさんが勧めていた掃除機
  2. 外国人起業としての古物商
  3. 家出した人を探す方法
  4. 妊活の中でも体質を変える目的で漢方によって妊娠
  5. 頼れるフラッシュモブ代行会社の見つけ方
  6. サプライズに考えてみたいフラッシュモブ
  7. リフォームは事前検討が大事
  8. 結婚式余興として試してみたい事